老後は安心の高齢者住宅や老人ホームへ移住【介護情報をリサーチ】

食べやすく工夫された食事

おいしい制限食

食事

介護食で大事なのは食べやすくおいしいことです。
固くてかみにくかったり、飲み込むのが難しい食事は苦痛でしかないからです。
嚥下障害や咀嚼する力が弱くなった人は、スムーズに食べることができるやわらかい介護食がおすすめです。
しかしやわらかいだけでは、食事の楽しみが半減してしまいます。
やはりおいしく調理された介護食でないと続けて食べることができないのです。
おいしく調理された介護食を提供するサービスに依頼すると、定期的に栄養バランスが整った介護職を届けてくれます。
おいしく食べやすい介護食は、見栄えもよく食欲がわいてきます。
これまで食欲不振だった人も、もりもり食べることができるので健康を取り戻すことができます。
そしてこれまで介護を行っていた家族の負担も軽くなるので助かります。
またおいしく調理された介護食サービスでは、制限食のメニューも充実しています。
糖尿病や腎臓病や高血圧や脂質異常などで、食事制限を受けている場合は毎日の献立も大変です。
塩分や脂質やたんぱく質など制限しながら、食事を用意しなければならないので美味しさに問題があることがあるのです。
しかしおいしい介護食を提供しているサービスなら、管理栄養士の指導のもとでカロリー計算を徹底しながら、美味しく食べることができるように調理しているので安全で楽しく食事することができます。
また宅急便で届けてくれるので、自宅で待っているだけでいいのです。
届いた食材は電子レンジでチンするだけなので手間もかからないのです。

メニューが豊富

弁当

高齢化社会が進むにつれて、介護の問題がクローズアップされるようになりました。
特に切実な問題として注目されているのが家族にかかる介護の負担です。
生活全般でフォローが必要になることから、介護する側に手間や時間がかかってしまうのです。
特に大変なのが食事の用意です。
介護される人の健康状態によっては、栄養バランスの調整が必要になります。
また、嚥下機能や歯の状態によっては食べ物の柔らかさにも配慮しなければなりません。
そんな悩みを解決すべく、最近では介護食に特化したサービスが登場しています。
これは介護する家族に代わって食事を用意するサービスのことで、それぞれの状況に応じて適した介護食が提供されています。
介護される人の健康状態や食べ物の嗜好が反映されるため、献立を考えたり栄養計算をする手間が省けて便利です。
飽きないように、メニューのバリエーションも豊富に取り揃えられています。
介護食サービスには、毎日出来立てのものを配達するサービスの他に冷凍でまとめて配達するサービスがあります。
一度に大量の介護食を受け取ることができるため、毎日受け取れないという場合に適しています。
必要な分を解凍して温めるだけで、いつでも出来立ての介護食を食べることができます。
介護される人の体調は日々変化していくものです。
その変化に対応できるように、介護食サービスでは随時メニュー内容の変更が実施されています。
そのための体調チェックも万全で、必要に応じて医療機関との連携も行われています。

手間のかかる食事の準備

料理

グループホームや特別養護老人ホームなどでは、通販の介護食を利用するところが増えてきました。
これらの介護施設では利用者の状態に応じた様々なタイプの介護食を用意しなければなりません。
歯茎でつぶせるタイプや、舌でつぶせるタイプ、噛まなくて良いタイプなど介護食を作るのは非常に手間がかかるのです。
しかも味とカロリー、栄養、安全にも気を配らなくてはならないのです。
介護施設では、これまで施設内で調理するか業者委託を利用するところがほとんどでした。
しかし通販の介護食を利用すれば人件費や設備費など大幅にコストダウンすることができます。
複雑な調理の手間もいらず、解凍したり温めたりするだけで利用者の状態にあったタイプの食事が用意できるのです。
一旦出来上がった食事をミキサーにかけたりする手間もなくなります。
しかも通販の介護食は費用も1食あたり200円から300円前後と価格もお手頃です。
施設などで大量に利用する場合、まとめて購入すれば割安になるサービスをしているメーカーもあります。
また通販の介護食は種類の多さにも定評があります。
肉や野菜、ご飯やパン、デザートなどメーカーによっては500種類以上もの介護食を用意しているところもあるのです。
現在、多くの介護施設では深刻な人手不足が問題になっています、通販の介護食はそんな人手不足を解消できる一つの手段ともなっています。
最近は大手の食品メーカーなども通販の介護食に参入してきて市場規模は拡大しています。